充実した職場環境

IT

各部門が働きやすさを提供している

IT業務はデスクワークが中心ですが、お互いの意見をその場で交換できるよう仕切りをなくす企業が多いです。全員の顔が確認できるため、コミュニケーションが取りやすくなるのは良い傾向でしょう。職位関係なく、自分の思っていることが伝えられますし全員に周知したいメッセージも共有しやすいです。

休憩室でまったりできる

IT関連の業界は、おしゃれなカフェを併設していたり休憩室が広々としていたりと、社員がゆったりできる空間づくりを心がけています。テレビや情報雑誌も置かれており、自由気ままに過ごせる点が最大の長所です。気の合う仲間とお昼を共にしたり、日ごろ関わりが少ない部署と話をしたりすることができ、和気あいあいとしています。

福利厚生がしっかりしている

大手のIT企業は、有給休暇や産休、育休、介護休業制度などの福利厚生を数多く扱っています。中には女性が助かる生理休暇もあり、大変働きやすい環境となっています。カレンダー通りに休めるので、家庭持ちの人にも最適な環境でしょう。

IT企業の選び方

Sierの企業は営業が中心

企業向けのシステムを開発し、それを利用して利益を上げるIT企業をSierといいます。企業を相手に商売をするのでITの知識がないよりはあったほうが採用されます。それ以前に、良いシステムを開発するための顧客業務情報の内枠を熟知する必要があるため、覚えることは多岐にわたります。ただ、Sierの企業に就職した数年後はプログラミングを外注に依頼し、他の社員たちは外注の管理や社内営業がメインになります。

web系の中小企業

ベンチャー企業とも取れるweb系の中小企業だと、新しいサービスの立ち上げに自分が参加できるメリットがあります。大手に比べ、各個人に与えられる仕事内容は多くなりますが、転職をする時にそれらの経験が他で生かせるケースもあります。大きな裁量になって自分に返ってくると考えれば、中小企業で経験を積み大手で即戦力になってもよさそうです。

webの大手企業

様々な経験を重ねた後に到着するのがスーパープログラマーやディレクター業務への転身です。どちらに進んでも安定した収入が見込め、何より部下たちの中心になって仕事をまわしていくのでリーダーシップがある人だと向いています。どちらも市場価値が非常に高いため、独立も可能でしょう。会社に依存する必要性もありません。新しいIT技術を駆使して開発手法を積極的に試すなど、プログラミングすること自体が好きなら楽しく仕事ができるでしょう。

外資系コンサルティングだったら

頭を使うハイレベルな仕事に挑戦するなら外資系のコンサルティングが適切です。バリバリこなす社員は年収が高く、実力者しか集まらない業種です。一般人からしたらあたふたする環境ですが、大きな案件を動かしたり、ハイレベルな論理思考とコンサルティングで培ったコミュニケーション能力で多くの人に影響を与えたりなど、業務の中で自分自身の成長に繋がる場面が多々あります。

事業会社が向いている人

IT企業とは少し離れますが、一般の会社にあるシステム部門でIT系の仕事に携わることができます。仕事内容がシンプルで魅力的ですが、システムを制作してもらう立場の会社だと納期に追われる心配もありません。

ITに強くなる

システム

求められるスキル

業界に興味はあっても、応募する勇気がなくて今に至る人もいるでしょう。未経験者がその傾向にありますが、業界で活躍するためのスキルを身に付けることで採用される可能性は十分あります。

READ MORE

最も採用率が高かった志望動機ランキング

no.1

仕事や夢で成し遂げたことを全面アピール!

IT企業に就職するためには、過去物事に対して自分が何を成し遂げてきたのかを全面にアピールできるかが採用の近道になります。それがIT関連じゃなく、中高生時代の部活動や委員長の経験、前職なら営業成績が良かった等、自慢できることは何でも吐き出すというスタンスで行けば手ごたえを感じるでしょう。実際、未経験者がこの手法で大手企業に採用されています。

no.2

業界じゃないといけない理由を熱弁した!

日本だけではなく、世界進出を果たす大手のIT企業は合格者が非常に少なく狭き門といわれています。しかし、憧れの場所で働きたいという思いが採用に繋がったケースも多く、諦める必要はなくなりました。弊社じゃなければ働く意味がないという説得力あるアピールが、合格率を上げるのです。実際、熱弁したことで多くの人が大手企業から内定をもらい、バリバリ働いています。

no.3

入社後にやりたいことを語った!

IT企業に採用された後、何をしたいのか具体的に伝えると一次審査、二次審査と順調に進むことができます。企業面接の前に、システム開発に携わり有名なプログラマーになりたい、将来はディレクターやスーパープログラマーになって世間をあっと言わせたい等、何でもいいので入社後にやり遂げたいことをリストアップし、本番を想定した面接の練習に使っていきましょう。

no.4

応募するきっかけを伝えた!

4位にランクインした最も採用率が多い志望動機は弊社に応募をするきっかけを伝えたことです。求人内容に魅力を感じた部分があれば面接の時に話をしても良いでしょう。アットホームな環境に惹かれた、未経験でもできるIT業務があると知って応募した等、仕事を通じて成長したい事をさりげなくアピールすれば道は開けます。

no.5

企業を選んだポイントで攻めた!

面接の時は大体、弊社を選んだ理由を聞かれるものですが曖昧な理由だと採用される確率が低くなるので面接官が納得するような動機を伝えるのが大切です。もし応募先の企業が人気アプリの開発者だった場合、「優秀な社員に混ざって、自分もノウハウや技術を盗みたい」といった具合に伝えれば本命の企業に採用されるチャンスが巡ってきます。

【PR】
IT企業への採用を検討してる人イチオシ
多くの企業と契約をしてる企業を厳選公開。 ヘッドハンティングで人材をゲット☆採用戦略に悩んでいるなら必見!